NEWS

【新刊】高橋恭司『Midnight Call』

※English follows

TISSUE PAPERSより新刊のご案内です。

高橋恭司写真集
「Midnight Call」(TISSUE PAPERS 08)

【7/20までに本サイトでご予約いただくと作家サインが入ります。発送は7月下旬を予定しています】

「絵や写真はなぜあるの?
詩人が発するのは何の言葉なの?
誰の目や、声なの?」

パンデミック直前、
この世で最も暗いパリの夜。
写真家の体は「虚」となって
忘れられた声を暴風のように孕み、
それを私たちの前に静かに現出させる。

———

写真家・高橋恭司の完全新作による写真集を刊行いたします。
1990年代以降、数々のポートレートや風景写真を発表してきた高橋の作品は、常に時代や風潮の喧騒の外側へと見るものを誘うオルタナティヴな引力とともに、私たちの前に立ち現われてきました。
本作は、その高橋が2019年の晩秋、初めて訪れたパリを中心にフランスで撮影した写真群を収録したものです。

近代写真の始まりの街であり、世界を欲情させ続けてきたメディアとイメージの都。
すなわち、今日においても我々が互いをまなざしあう近代の視線や構造が生まれたその街。
茫漠たる荒野からそんなパリの細部へと視線を移した写真家がフィルムに収めた数々のシーンは、近現代史の傷を癒す暇もないほど短かった千年紀末を経てさらなる断絶が拡がった世界の断片であり、それを決定的に寸断したCOVID-19のパンデミック直前の、今となっては二度と戻れない時空間でもあります。
ハッセルブラッド1000Fがギロチンのようなシャッターで切り落としたその中に、私たちの世界が捨象し忘却してきたものたちの声が真夜中の長距離通話のように響く一冊。

新作のみで200頁超のボリュームという、高橋の長いキャリアの中でも初の試みとなる写真集です。

また、本作の刊行を記念し、吉祥寺book obscuraにて7/15(木)〜8/9(月)の日程で展示を開催いたします。
詳細情報はあらためてお報せいたしますが、トークイベントなどもございます。ぜひお楽しみに。

———

216頁 オールカラー
232mm×165mm
コデックス装+カバー
定価¥7,500(税別)
日英テキスト収録

写真・テキスト:高橋恭司
編集・解説:安東嵩史(TISSUE PAPERS)
アートディレクション:米山菜津子
印刷:サンエムカラー
ISBN 978-4-909287-08-3

———
Kyoji Takahashi photo book
"Midnight Call"

【SIGNED only for early bird until July 20th】

“Why are there pictures and photographs?
What is the language uttered by poets?
Whose eyes, whose voice?”

Just before the pandemic,
The darkest night in the world.
The photographer's body becomes a "void," concealing a forgotten voice like a storm.
And then, it quietly appears in front of us.

———

We are pleased to announce the publication of a completely new photo book by photographer Kyoji Takahashi.
Since the 1990s, Takahashi has produced numerous portraits and landscapes, and his work has always appeared to us with an alternative gravitational pull that invites the viewer to look outside the hustle and bustle of the times and trends.
This work is a collection of photographs taken by Takahashi in France, mainly in Paris, which he visited for the first time in late autumn of 2019.

Paris is the city that marked the beginning of modern photography, and the capital of media and images that has continued to make the world lust.
In other words, it is the city that gave birth to the gaze and structure of modernity, where we still look at each other today.
Scenes captured on film by Takahashi, who shifted his gaze from the vague wilderness to the details of Paris are fragments of a world in which further disconnection spread after the end of the millennium, which was too short to heal the wounds of modern history. It is also a time and space that we can never return to.
In those scenes, cut off by the guillotine-like shutter of the Hasselblad 1000F, the voices of whom our world has discarded and forgotten echo like a long-distance call in the midnight.

With over 200 pages of only new works, this is Takahashi's first attempt at a photo book in his long career.

———

216 pages, all color
232mm x 165mm
Codex binding with cover
Price: ¥7,000 (tax not included)
Text in Japanese and English

Photographs and text by Kyoji Takahashi
Editorial Direction and commentary by Takafumi Ando (TISSUE Inc.)
Art Direction: Natsuko Yoneyama
Printing: Sun M Color
ISBN 978-4-909287-08-3

  • 高橋恭司写真集 / Kyoji Takahashi photo book「Midnight Call」(TISSUE PAPERS 08)

    8,250 JPY